気持ちを込めて

結婚内祝いや結婚式のプレゼントは、相手のことを充分に考えて品物を選ぶ必要があります。気の利いたプレゼントであっても、マナー違反となるケースがあるので注意しましょう。

意外と難しいもの

結婚内祝いを選ぶのは、結構難しいものです。事前に相手の情報をリサーチしておくのも一つの手でしょう。消耗品や実用的な品物を選ぶことがポイントです。

結婚内祝いのマナーとは?

遅くなるのはNG

結婚式から数ヶ月後に内祝いを贈る…といったことはマナー違反です。少なくとも、結婚式から一ヶ月以内には内祝いを贈りましょう。

刃物は避けましょう

結婚内祝いとして贈ってはいけないとされているのは、ハサミや包丁といった刃物です。確かに刃物は実用的で気の利いたプレゼントですが、内祝いとして贈ることは避けたほうが良いでしょう。

奇数が◎

数にも気を使う必要があります。品物がいくつか含まれている場合には、偶数を避けたほうがマナーとして正解です。

縁起が良いもの

結婚内祝いとして良いと言われているのが、縁起の良いものです。例えばかつお節、うどん、バームクーヘンなど、おめでたい意味合いが込められているような品物を贈ると良いです。

お礼やメッセージは必須

品物を選んだからと安心してはいけません。うっかりお礼状を忘れてしまうと、マナー違反になってしまいます。品物を郵送する場合にはお礼状やメッセージを添えることは必須です。

結婚式プレゼントについて

花嫁

プレゼントを贈る意味

結婚式では親しい間柄であればあるほど、プレゼントをよく考えて選ぶ必要があります。これから結婚生活を送る二人のためを思って、祝福する気持ちを込めてプレゼントを選びましょう。

プレゼントで良いもの

結婚式のプレゼントで、一般的に良いのが日用品となるでしょう。特に親しい間柄であれば、二人が持っていないものを知っていることもあると思います。生活する上で便利だと思うようなものを選ぶと良いでしょう。また、どうしてもプレゼントの品が決まらない、何を贈ればよいかわからないといった場合は、カタログギフトを利用するのがおすすめです。カタログギフトには、様々な商品が掲載されており贈られた人が欲しいものを自由に選べるようになっているので、贈った相手に喜んでもらえるはずです。

失礼に当たるものとは

プレゼントをする際には、マナー違反となってしまうものもあるのであるので注意しましょう。例えば、良く贈ってしまいがちなのは、割れ物です。ペアグラスなどはおしゃれですが、結婚式のプレゼントとしてはマナー違反となります。

喜ばれないケース

せっかくプレゼントを選ぶからには、相手をがっかりさせるようなことは避けたいものです。がっかりされてしまうプレゼントとして、その人がすでに持っていたものや、好みに左右されてしまう個性のあるデザインの品物は避けたほうが無難です。

オーダーメイドも◎

最近では結婚式の思い出にもなるようなプレゼントを、オーダーメイドで作って贈ることも多くなりました。例えば、二人の結婚記念日が刻印された時計などがあります。気持ちを伝えるには最適なプレゼントでしょう。

広告募集中